スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国人建設就労者受入事業に関するパブコメ書いたよ

こんなパブリックコメントが7/25まで受付されている。

外国人建設就労者受入事業に関する告示案に係るパブリックコメントの募集について

表向きは日本人を最大限活用して、ということになっているが
そんなのただの建前論でそうなりそうもないことは明白。
ということでパブリックコメントを考えてみた

あくまで俺の個人意見と言うことで、コピペはダメだよ
読む側の役人さんに心証悪いからね。「またかよ」って。
===================================================
まずはこのコメントは外国人労働者を入れることに反対を表明するものです。
建築土木では程度の差はあれ、特に安全基準が求められる業種です。
日本人同士でいざこざしてる分にはまだいいですが
外国人を使った場合に、万一があっては外交問題になりかねません。
安易に持ってくるのは非常に危険です。
また生活習慣の違いから治安の悪化が懸念されるのも反対の理由です。


では、建築業界の喫緊の課題にどうするか、となります。
自衛隊や警察等の体を鍛えている職種の退職者へ職の斡旋を提案します。
せっかく鍛えた体があるのだから、これを活用しない手はありません。
同じ理由で相撲、野球、サッカー等からも斡旋すると良いと考えます。

特に相撲、野球、サッカー等は選手生命は短く
選手らは次の生活の基盤を探さねばなりません。
そこへこうした安定した職が提示されれば渡りに船なはずです。
ただこれらの業種だけでは絶対的な人数が少ないです。

次にテレビ(動画)、音楽、アニメ、マンガ、ゲームなどの制作に関わる人たち。
広義の娯楽産業に従事する人たちへの斡旋です。
彼らは本業となる娯楽産業の他に生活を安定させるために
コンビニや飲食業、引っ越し等でアルバイトをしている
ないしは本業で長時間労働かつ薄給に苦悶している人が多くいます。

そこへ本事業の斡旋を行います。
専門知識が必要なことから、そこらのアルバイト等よりも稼げることがわかれば
適切に仕事を移ってきてもらえることでしょう。

また高度成長期に建造された橋やトンネルなどの補修が
オリンピック対策の次に喫緊の課題になるのは目に見えており
オリンピックで必要になる作業の経験から
そのままスライドして建築業界へ定着してもらえれば
今後の公共事業も安心して実施できます。

こうして、建築業界の別から人を集めてきます。
当然、当てにされた産業は手薄になるでしょう。
特にアルバイトが手薄になるコンビニや飲食業等は人手不足が蔓延すると思われます。
そこへ生活保護受給者や失業者への職の斡旋を行います。

当然、直接的に建築業界へ生活保護受給者や失業者の供給ができれば尚良いです。
もちろん、年金生活の老人世帯であっても働ける人たちに来てもらって
年金額は減るけれども収入は上がる、という状態にするのも良いでしょう。
オリンピック対策が一時的な作業であるというのが事実と
建築業界の高齢化=高齢者でも働けるという事実を持って
老人世帯であっても問題ないことは自明なはずです。


せっかく労働市場があるのだから、これを国内の経済対策に活用しない手はないでしょう。
直接的に生活保護受給者や失業者を
いきなり目的の産業へ向かわせることで減らせないならワンクッション
別業界から目的の産業へ移動させ
手薄になった別業界へ生活保護受給者や失業者を移動させる。

生活保護受給者や失業者になるぐらいなので個々で何らかの事情はあるのでしょう。
復帰しやすい職に「アルバイト」として募集される業種を狙ったにすぎません。
彼らをどんな形であれ、市場に戻ってもらいたいです。
社会保障にかかる税金の削減と目の前の需要を満たす一石二鳥作戦です。

これらの実施により
オリンピックへの建築授業へ対応すると同時に
今後の建築業界に期待される供給力の補充と失業率の改善を
同時多発的に行い国内景気対策とします。

閣僚会議を通ったから、このパブリックコメントがあるようですが
再度閣僚会議にかけてでも
「日本人だけを活用することでオリンピック対策とする」
という形を取って頂きたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

カユ

Author:カユ
のんびり更新できれば。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。