スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TPP反対からの日本再生策

TPP反対からの日本再生策を考えてみた。
とかく俺の思想も入るところだが、賛同してもらえるように書いてみる。

こっちに並べたものをほぼそのまま。http://togetter.com/li/313673


まずは本質的な話から。単純に個々の持つ力を解放すること。
何かと規則だ、法律だ、なんてあるけどさ。
結局、全部が全部杓子定規にできないし、それに気を取られていたら力が出せない。

まずは個々のあるがままに言いたいことや行動を起こすようにすること。
どんなに縛りつけようとしても本能に逆らうようなものは定着しません。
あ~、これだけ言っていると問題があるのはわかっているので続きを見てくださいね

基本は皆が皆、好き勝手にする。
でも、それじゃ集団(社会)が成り立たないから、そこで規則を作り出す。
個々の好き勝手をできるだけ縛らないようにね。

よくよく考えるとさ。そういう規則とか法律ってさ、
自分がされて嫌なことはしない、自分がされて嬉しいことを他人にする。
そういう上にあるんだよね。一般的には「道徳」って言うけど。

皆、殺されたくないから殺人罪とか、モノを盗まれたくないから窃盗罪とか
行列に横入りしちゃダメとか、そういうのも全部そうでしょ?
だから、社会一般的な道徳を守ってさえいれば
まず大丈夫。怖くない。自分を解放しよう。遠慮なんか要らない。

今の皆は卑屈過ぎ。これは自虐史観が原因。事実を知れば変われる。
俺たち日本人は意外と凄いんだぜ? http://nandakorea.sakura.ne.jp/html/daitoua.html

本から入ってもOK「パール判事の日本無罪論
現代はこれかな?「日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか

遠慮することはない。個々が持つ力を道徳の上に乗るようにさえすれば
何も遠慮することはない。特に男はパワーがある。期待されてるよ。

単に感情任せに動くだけでは動物と同じ。
必ず「道徳を守る」という義務が生じる。それでこそ人間。
これが、言うは易し行うは難し。

人が見ていないところにいけば、魔が指すこともあるだろうし
どんな時でも何が何でも道徳を守る、というのは並大抵のことではない。
特に権力、単純に力でもいいがそれを持ち何でもできる立場に近づくほどに
暴走しやすいこともよくある話。

だからこそなのか。我々には皇室がある。
あまり一般的には知られていない、というか自分も
皇室問題が勃発するまで知らなかったのだが、
総理首相というのは日本のNo2であって本当のNo1は天皇陛下だそうだ。

皇室は知ってのとおり政治発言はもちろん、
私有財産の禁止や職業の自由など皇室にはほとんど自由がない。雁字搦め。
No1だけど雁字搦め。No2だけどある程度好きにできる首相。

要するに「どんなに頑張ってもおまえはNo2止まり。身の程をわきまえろ」というのを
体現した統治機構になっているというわけですね。
で、No1は雁字搦めを守る礼儀正しき人。それをNo2は見習え、と。そういうこと。
日本の統治機構はよくできている、と最近知りました。

そんな皇室が今、危機に瀕している。女性宮家問題。
これは皇室を潰す案で絶対阻止。
旧皇族の方々に復帰してもらえば、それで解決。
http://togetter.com/li/237188http://togetter.com/li/227823http://togetter.com/li/225522

また、これを機に皇室の真髄である古事記に触れることをお勧め。
初心者は断然「
現代語古事記

マンガもあるよ。詳しく調べてないけどこれがいいらしい。
古事記~マンガ日本の古典1~

俺が読んだ古事記のマンガはこれ。
マンガ古事記 神話篇 新装版
マンガ古事記 伝承篇 新装版

ここまでのまとめ。理想的な話をすると
「個々が好き勝手にするけど、その好き勝手は道徳の範囲内に収める」
という非常に矛盾するような状態が理想。
それを現実的に実現するために「自虐史観の廃棄。皇室への尊敬&理解」



できれば教科書を抑えこんで、これらを教えたいところだが
それはすぐにはできない。気付いた個人が回りに伝えていくのが最も効果的。
そういう意味でもネットの自由を担保するのが死活問題

SOPA, ACTA, PIPA, TPP, 秘密保全法、人権侵害救済法案、等々
言論の自由、ネットを潰す話がそこかしこに転がっている。
これを絶対的に阻止する。ここ重要。
テレビ新聞も事実を報道してくれるといいんだけどねえ。

教育(情報の伝達)。これを奪取ないし掌握して
本来のあるべき姿に、本来伝えるべきことを伝える。
これが今の日本に絶対的に必要なこと。

特に小さな子供を持つ20後半から30前半ぐらいの世代と
中学生ぐらいに伝達していくことは非常に大切。
未成年は頭の固いおじさんおばさんよりも早く切り替えができるからね。
そこを抑えこむ。



さて、これら適切な情報を受け入れていわゆる
「目覚めた日本人」「覚醒した日本人」になったところで
次の具体的な行動をどうするか。
まだ知らない人に周知する。間違っている人は毅然と反論する。

日本の癌を潰そうと頑張っている人もいる
じゃあのwwwさんのまとめ
情報。これを明らかにすることで政治家にならずとも、
民間人の手で浄化は起こせる。
とにかく情報を暴露し、拡散し、世論を動かす。

デモやってもいいし、世間話に政治の話をするのも良い。
警察を動かして悪人を捕まえる。もしくはいい人を見つけて応援する。
企業であれば、悪徳企業は不買で潰す。優良企業を見つけて応援する。

日本国民を食い物にして自分だけ甘い汁を吸うクズ共を合法的に叩き潰す。
これは誰にでも参加可能で、誰にでも無理なく出来ること。
不買をするとか世間話で情報拡散なんて特にそうだね。

情報を暴露するのは根気強く調べられる一部の人しかできないかもしれないが
わかった情報を拡散するのは誰にでも出来る。
特に奥様方のネットワークはすごいからね。あっという間に広まる。
これには特に期待している。

ここまでは良いとして、最後に
政治、経済、軍事(安全保障)に関して勉強して議論する。
ここでは俺が調べた上での独自策を披露するに留めたい。

この辺の具体策はいろんな案があって
これと決め切れないところもあるが、
まずは誰かが具体策を出して叩かれ役にならないと話が進まないからね。

政治に関しては略。いわゆるネットで政治に強い人は
韓国関係者が日本で行っている不正に関して非常に詳しい。
ここを足がかりに調べると楽。
彼らに定期的に接触するようにすれば自然と詳しくなるだろう。
ツイッターお勧め。

経済は保護貿易政策を取り、尖閣から石油を取って
インフラの再整備(国土強靭化政策)、軍事産業、宇宙事業、の3つ。
世界破綻が目に見えているので、世界経済には関わらない。

世界経済は今や火の車。ギリシャやアメリカのデフォルト騒ぎで明白。
そんな中でTPPやらFTAやらで貿易を広げようなんて愚の骨頂。
暫くは関わらないようにして嵐が過ぎ去るのを待つ。

まずは目先の経済状況を良くしないと国内が安定しない。
インフラ再整備は必要な上、先に挙げた教育改革を起こすのにも時間がかかる。
その間の策。これを続ければ利権ができるのはわかっている。
期間は10年で区切って終了。

軍事産業は昨今の世界情勢を見ればわかるように軍事力は不可欠。
日本も独自に国防ができるように軍事産業を育成する。
特に海軍と空軍に関する産業は重要。例:国産戦闘機の心神

宇宙事業は未知数。だが、はやぶさに代表されるように日本が世界トップを走っている。
スパコン事業のように毎年ほどほどの予算を付けて続けていくことが大切。
宇宙に何かあるようなら、そこから注力すれば良い。

利権潰し以上に教育改革が最重要。教科書の内容を変えたい。地域の輪を復活させたい。
震災もあって、あれから親切な人が増えた。これは生活上、実感してる。
教育を変えれば、予算がかかる社会保障も抑えられるだろう。

また10年という期間で、適切に教育された子供が大人へ。
社会の中核を成す40代ぐらいを適切な思想へ。
この40代により経済構造上のお金の流れを変える。
50代の手の付けられない人たちを定年へ。時代を滑らせる。

軍事(安全保障)の要は文字通りの軍事力と食料、エネルギーが要だそうだ。
まずはエネルギーから。これは尖閣をまず抑える。
将来的には「水(水素)」が主力になりそうだが、これも直近は石油のため尖閣必須。

食料に関してはよく自給率40%という話が出るが、これはカロリーベース。
価格ベースだと60%。また食料の廃棄率が50%ほどになっており
いまでもギリギリ自給率100%を実現しようと思えば出来る。

カロリーベースで自給率が低い理由は主に畜産の飼料が輸入穀物だから。
ここは減反政策を段階的に廃止して稲を沢山作れるようにする。
その時に、モミロマンという品種が飼料として有効らしい。

無理に作付けを強制せずとも、人間が食べる分の米は
すでに十分行き渡っているから減反政策を止めれば
自然と飼料米の生産に結びつくでしょう。

軍事力はかなり鬼門。食料、エネルギーと違って日本ではタブー扱いぐらいなので
まずは議論をするところから一般人を引きこまないといけないので大変。
それができたとして話を進める。

当然のことながら安全保障は周辺国(ロシア、支那、北朝鮮)の動きと
米国がどう考えているか、にかなり影響を受ける。
日本国内の軍備に関すると、とりわけ米国だね。

日本の核武装を米国が黙認する話が出ているが、
日本国内は核の悲惨さが喧伝されている上に原発事故でさらに核アレルギー。
核武装をしたとしてもごみ処理が大変。

核武装すること自体も世論をまとめるのが大変な上、その後も大変。
下手に核武装して周辺国を刺激する話もあるしね。

実はすでに準核兵器を作っている、なんて話もあったりするが
劣化ウラン弾製造工場」(山口県)
それはこの際おいておく。

個人的に一時的に核武装しても将来的には
軍事力は別方策を取るのがいいのではないかと考えている。
核武装を言う人たちは「軍事バランスを取る」ことが目的なので
バランスさえ取れれば別案も許容してくれるはず。
なので、こんなものをご紹介。

EMPという新しい兵器
日本の脅威となる国は主に先進国であるため、こういった電子兵器も有効ではないか?
また、各種兵器には最近かなり電子化されているため
そういう意味でも有効と言えるだろう

米国が考える宇宙兵器「神の杖」。ようするに隕石ですな。
はやぶさに代表されるように宇宙事業には次がある。
そのついでにこういうのも考えてみてはどうだろうか?

こんなところで。政治、経済、軍事に関して考える上での
叩き台になれば、これ幸い、ということで。
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

カユ

Author:カユ
のんびり更新できれば。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。