スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お金とは何か? TPPと世界破綻。

TPPを考える上でお金とは何か、を考えずにはいられないだろう。
まずはお金の歴史を少し話をしよう。

また、http://togetter.com/li/300275とほぼ同様
元々は物々交換をしていた人類が
便宜的に創りだしたのが金銀銅などを使った貨幣。
そのうち、貨幣は重たいこともあって金庫番に預けられることになり
預り証として紙幣が流通するようになる。

ここで皆が信用して預り証(紙幣)を使うことを金庫番が悪用する。
預っている以上の預り証を使って、貸付&利子取りをしてもバレないだろう、と。
これが「信用創造」の始まり。

ただ、たまたまよかった。今まで物々のみで交換していた取引において
例えば楽器演奏とマッサージ、などのモノを介しない取引ができるようになり
たまたまこの悪巧みは世界を豊かにするになった

が、こんなことを好き勝手に続けられてはお金の価値がおかしくなる。
銀行は自主規制をやりだす。
最近、自己資本比率を10%にしろ、と金融機関に話が出るが
それはこのため。一定以上の信用創造をするな、と同義。
自己資本比率の取り決め

小飼弾氏のブログで書評された「お金、崩壊」という本の中に出てくる図。
これを見てみるのが良い。ついでに虚構で作られるお金の額もね。

机の上で数字弄りしただけで、農家などが汗水垂らして仕事したものの
何倍も価値があるとか、ふざけている。

マスコミが情報の元と我々の間に入ることで好き勝手なことをやらかしているのと同様。
本来なら物々交換で直接やりとりすればよかったところを
金融機関が通貨発行権を牛耳り間に入ることで、好き勝手なことをやらかしている。

この銀行による信用創造の脇で、自由の名のもと無秩序をやらかし出す金融商品が作られる。
FXなんてもので、「レバレッジを効かせて50倍まで」とか聞いたことがあるだろう。
元金以上に動かせるお金。おかしいと思った人は多いはず。
ホリエモンがテレビ買収する時にもあったよね。

他にも年金や保険もこういったものの一種。
数字の裏付けなど全くなく、将来を当て込んで勝手に儲かるだの言っている。
でも、実際は…‥一種の詐欺ですな。
こういうのも全部、虚金。権利があるだけで実体がなく、いざとなると主犯は逃げる。

そして、こうした虚金を膨れ上がらせた上で、実金を虚金と交換するように仕向けて
豪遊しているのが金融機関で、特に酷いのがウォール街1%。
この虚金を世界で暴れさせていると「巨大な投機マネーが動く」と言われる。

言い方はいろいろあるが、根っこの部分を知っておくと
世界がどうなっているのかよく理解できるだろう。
自分もまだ詳細は勉強中だけどね。
そして今、その膨れ上がった虚の部分がはじけようとしている。
ギリシャ破綻から始まるPIGS破綻。

ギリシャ破綻で注目されるのがCDS=CreditDefaultSwapという一種の保険。
これは国が潰れて国債がダメになったらいくら払いますよ、という保険。
1万円の国債が潰れたら、5万払う保険つけるから国債+保険で3万で買って、と、まあこんな感じ。

元から国が潰れる可能性は凄く低いから考えなくて良い、という金融工学の穴があって
それでめちゃくちゃな額の虚金を作り出して儲けていた。俺から言わせると詐欺だな。
当然のごとく、本当に国が潰れると保険会社は払えない。すると保険会社が潰れる。

保険会社の社債にもCDSがあって、またこれが発動する。他が潰れる。
この連鎖が間違いなく起こる。これに伴って銀行の貸し剥がしなども起こるだろう。
最後は国が保証する話になるだろうが国も借金漬け。
国も無理、となるとどうなる?
2011/08頃に米国のデフォルト騒ぎとかもあったしね

日本の負債は総額1000兆ほどらしいが、アメリカは2京円を超えていると言われ
これが飛べばどうなるかw 火を見るより明らか。参考
こうした中で日本は、今後の世界情勢を想像した上で国家戦略を練る必要がある。

リーマン破綻が約64兆円だったのに対して、PIGS破綻は4カ国で総額で250兆円以上。
どれだけの規模かわかるだろう。中でもイタリアが180兆円ほどと巨額。
PIGS破綻は世界の金融破綻に繋がり、ここ2~3年ぐらいでお金の意味が激変するだろう

会社や国が潰れようとも、すでに好き放題やらかした連中がのうのうとしないように
富裕層から資産をひっペがしにいく必要が出てくるかもね。
日本はやるかどうかわからないが米国はまずやらないと国民が収まらないだろう。

ギリシャ破綻をきっかけにして、間違いなく世界経済が没落する。
すでに破綻は決まっているようだが、連鎖倒産させないように
実処理はズルズル先延ばしにしているようだ。時間の問題。

昔だったら、破綻状態を解消するために戦争で他国侵略して略奪して、
その没落状態を解消しただろう。
だが、今は1%の富裕層が牛耳っていることが原因であることがわかっている上に
戦争をやれば、核戦争に発展することがわかっておりできない。

戦争ができないために、他国からどうやって略奪するか。
それが条約などを絡めて他国を貶める方法。
その一環に日米経済協調イニシアチブとかもあるが、TPPが最たる物。
マスコミ工作と隠密部隊による暗殺をちらつかせて政治家を動かす。
石井紘基刺殺事件の黒幕は誰ですか?

世界破綻の怒りの矛先は各国の政府や富裕層に向かい、内戦からの政変なのが目に見えている。
そういうのがわかっているからか、ビル・ゲイツは軽井沢に別荘作っているようだね

欧米国民はもちろん格差の正体を知っているし破綻の原因も知っている。
欧米が潰れることで支那は輸出先を失い人民は困窮する。
ただでさえ格差が激しい上に民度が著しく低く丁度国家主席の入れ替え時期。
人民の怒りか権力争いか、どちらが優先するか不明だが欧米と同じように内戦に陥るだろう。

政変が起こらない例外の大国は日本が確定と、ロシアはいけるか?ぐらい。
日本は言わずもがなだが、ロシアも荒れると思うが
欧米&支那と比べて、政治がすでにプーチンでまとめられており
分裂状態の内戦にまで発展するとは考えにくい。

ロシア、支那、韓国と
外需依存度
が3割以上で日本の2倍近くと高い
ロシアは食料自給率がどの程度かは公表データがないようで不明。

ロシアも支那も穀物自給率は100%近くあるらしい。
ちなみにエネルギー自給率はこちら

世界経済に関わらない。巻き込まれないよう、守備を固め、
また孤立状態を攻め立てられないようにきちんと軍事力を強化し
侵略されないようにして、嵐が過ぎるのを待つ。

そのための条件も整っている。
尖閣諸島という石油も、メタンハイドレートというガスも日本にある。
大東亜戦争の頃とは違う。孤立できる条件が整っている。
尖閣諸島の価値

在日米軍に帰ってもらい、自衛隊を国防軍にし、そして真の意味で自立し、日本は大国になる。
それは今をおいて他にない。TPPも経済調和対話
日本に不要、と書いておく。
スポンサーサイト

テーマ : TPP
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

そうそう

前にお金の話を出した時には
フリードマンの話を出されて大丈夫、なんて言われたが
人間って物の価値をそんなに正確に測れるのか?
まあ、詳しく理論を追ってないので断言はしないけど
経済学に限らず学問を盲信すると必ずボロが出ると思ってます

大体、前提条件があってそれが現実にあってないんだよね
プロフィール

カユ

Author:カユ
のんびり更新できれば。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。