スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了:竹田恒泰氏の本

またいろいろ読み終わりましたよ、っと。


以前に読んだ天皇の日本史も、そうだったけど
ベストセラー作家と言われるだけのことはある
現代語古事記
古典と言われると非常に難しいと思ってしまって
構えてしまうところだが、本書はまるで違う
読みやすさを最大限に考慮されていて非常に読みやすい
滞りなく読む事ができ、全日本国成人にお勧めできる

ただし、原典に忠実に現代語訳されているらしく
昔の本よろしく性的な表現や死にまつわる話が散見される
余り小さな子にはお勧めできない。

本書は著者が
12~13歳頃までに民族の神話を学ばなかった民族は
例外なく滅んでいる、という人類学者の言葉と日本の現状に
危機感を抱いていることを考慮すれば
性教育が済んだ中学生頃に日本人全員が読んでおきたい一冊。

古典に親しむと同時に、今も昔も変わらない普遍的なことについて
中学生と親との間に話題にする一冊として活用してはいかがでしょうか。
もちろん、古事記を読んだことがない人にも文句なしにオススメです。

小学生ぐらいには性的な話はないマンガ古事記の神話編がお勧めかな。
伝承編もあるが血生臭い話が多いので、要検討。


日本人はなぜ日本のことを知らないのか
2部構成にして、建国の歴史に迫り日本の事を説く本書

事実から迫り古代を明らかにする前半と
それらを中学生の教科書に適用するためのたたき台の後半
前半と後半で言及されている内容はほぼ同一

古代に関する研究は平成20年頃から
かなり様変わりしているようで
それ以前に学校教育で学んでいた事に
誤りが多い事に気付かせてくれる

現在中学生である人はもちろん、社会人にも読んで欲しい一冊


日本はなぜ世界で一番人気があるのか
種々のデータを出して、日本は世界で一番人気があることを示し
日本人に自信を取り戻して欲しいことを願っているのが伝わる

マータイさんのもったいない話から
意外なところでは、支那で使われている漢字に
かなりの日本で作られた漢字が輸入されていること。
「中華」「人民」「共和国」の人民と共和国も日本語だそうだ。

数日間の都合のいいところだけ見る旅行ではなく
数週間滞在するような外国生活をした者は
日本の良さ(凄さ)が特とわかるが
そうでない人は本書を通じて日本の凄さを見直してみてはどうだろうか。
スポンサーサイト

テーマ : 天皇陛下・皇室
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

カユ

Author:カユ
のんびり更新できれば。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。