スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

橋下劇場は小泉劇場の二番煎じ

橋下さんには期待して見ていたんだけどな
船中八策他の他、持論を見て愕然とした。内容がダメだ
このコンボが最低だ。

移民受け入れ
TPP推進
国民総背番号制
預金に対する課税
ベーシックインカム

自分はテレビを見ていないので不明だけど
テレビが橋下さんを持ち上げだしたんだって?
そうなると、もうダメだ、っていうのもわかるね

テレビで罵倒されている人たちが
むしろ本当に日本のことを思って動いている人たち
・移民受け入れ
日本の中には生活保護者が200万人もいます
この人達を活用すれば良いだけの話
移民? いりません。経済を復活させつつ
日本の財政再建をするためには、生活保護受給者の活用が必須

・TPP推進
ありえない。ISD条項を含め
TPPはウォール街1%のための施策であることは知られたこと
ISD条項でウォール街1%が国を訴える事ができ富を収奪できる危険な枠組み

・国民総背番号制
これは預金に対する課税で本領を発揮する

・預金に対する課税
日本の個人貯蓄は1000兆円だとか1500兆円だとか
とにかくとんでもない量になっていることは知られたこと

これを根刮ぎ課税しようというのだからとんでもないこと
国民総背番号制との相性抜群で最低最悪の国民搾取策


・ベーシックインカム
諸々の補助金、年金や生活保護をひとくくりにしてしまおうということだ

これが最低。特に生活保護を取り上げるけど
生活保護の概念は戦後から1950年から始まっている
日本には元々ないんだよ

じゃあ、西洋で始まった生活保護の目的は何か?
弱者救済? セーフティネット? いいえ、違います

革命防止です

貧困層が多くなると治安が悪くなるのは知られたこと
人間、食うにも困るようになると暴れ出す
この貧困層が一定以上溜まると革命が起きて、既得権がひっくり返る

これを防止するために最低限の所得や、食料を約束する
ようするに目的は

既得権(格差)の固定化

が生活保護の真の目的です。
セーフティネットだ、なんだというのは
多くの人々を騙すために考え出された後付けです

生活保護なんかなくても、世の中が回るようにするのが
本当の施政者がすべきことであることの自覚が全くない。



移民受け入れで米国民を引き受けて
TPPに入ってISD条項でウォール街に貢ぐ道を作り
国民背番号制+預金への課税で日本国民から根刮ぎ毟り取る
ベーシックインカムで格差の固定化を目指す

完全にウォール街1%の手下

本人は意識していないかもしれないかもしれないけど
実質的にやろうとしているのは、そういうこと
最悪、小泉劇場の二番煎じ。

小泉劇場は郵政民営化の影に隠れて金融規制緩和を行った
これがウォール街1%の狙いだった

おかげさまで、今の日本はウォール街の連中が
上場企業の株主になって株の配当金、と言う形で
莫大な金がウォール街に流れてる

これが今の日本におけるワーキングプアや貧困問題の根源だ
ここを締め直さないと、格差問題は解決しない

日本国民がお金を手にできない→購買力低下→経済問題
に繋がっている
小泉さんはとんでもない裏切り者だったよ

疑うなら橋下さんが掲げている政策を確認したほうがいいよ~
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

カユ

Author:カユ
のんびり更新できれば。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。