スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エネルギー政策を語ってみる

最近、あまりニュースを追いかけられてないんだが
そろそろ再生可能エネルギーの固定買い取り制度が
本格的に始まりそうなんだって?
でも、運用次第なところが多くて油断を許さないんだって?

とりあえず河野太郎氏のブログを貼り付けておくか
再生可能エネルギー固定価格買取制度Q&A

俺も勝手にエネルギー政策みたいなの語ってみるか
なにはともあれ、原子力関係にこれ以上お金を突っ込むのは止めろ
それは絶対にやってもらう

デンマークという国 自然エネルギー先進国―「風のがっこう」からのレポート
1番にやるべきは省エネ製品の拡充とピークシフト

LED電球のような省エネ製品の拡充と
今もやっているトップランナー方式の省エネ家電の推奨は継続
それと電力消費量のピークシフトのため工場休日の分散化

こういうのが最も簡単かつ即効果があってかなり効率が良い


2番目にするべきは発電方法の選別

ベースの電源は大中小の一般水力発電。
これはすでに日本で最も安い電源であることが実証されている。
それに水が豊富かつ最も安定させやすい日本に適した再生可能な発電方法
これをできるだけフル稼働させて電力をまかなう
大昔に作った水力発電を一新させるだけでも、効果あるんじゃないの?

次に使うのが太陽光発電や風力などの不安定材料が多い再生可能エネルギー
最後の変動分の対応は火力で対応。原子力は要らん。

地熱発電と同じ原理の配管で発電するものもあるらしいけど
あれは実用できるレベルなのかな? どうなのかな?


3番目にするべきはエネルギーのリサイクル

火力発電所、ゴミ焼却所などの廃熱をできるだけ
温水の形で利用できるようにする
銭湯やジム(温水プール)を隣接させて利用する、なんてのは有効
そうでなくても、いわゆるエネファームやエコウィルなどでもOK

捨てられているエネルギーのリサイクルを推進する


4番目にするべきは教育

電気やガスなどのエネルギー調達の原理などの物理的な学習
気分で原子力だ、再生可能エネルギーだ、と語られちゃ困る
科学技術的な背景をきちんと教育する

再生可能エネルギーだけでなく
メタンハイドレートやオーランチオキトリウム他
次世代原子力も含めた原理や利点、問題点を余すことなく公開

人々の知識レベルを上げる(上げ続ける)



だいたいこんな感じ?
最後の教育で「こういう大事なことを考え続ける」ってのが難しいんだよね。
終戦記念日みたいに3.11をエネルギー記念日みたいにして
毎年定期的に考えてくれるといいんだけどね

しかし、ま、経済に打撃を与える電力会社のダメっぷりは
総括原価方式が問題なのかな?
原価に関わらず電気料金って上限があると思ってたけど本当はないのか?
原価に比例して青天井で上げられるのか?

政治か行政の力で原価に関わらず
無理矢理、電気料金にキャップをはめられないものかな
電車みたいに嫌なら回避できるものならともかく
回避できないのに値下げ圧力が効かない、ってのは困りものだね

太陽光パネルみたいなもので自分で発電をするしかないのかな。


パネル1枚で遊ぶ太陽電池工作実例集―実体配線図付き (サイエンスシリーズ)
自然再生―持続可能な生態系のために (中公新書)
スポンサーサイト

テーマ : 環境・資源・エネルギー
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

カユ

Author:カユ
のんびり更新できれば。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。