スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了:エネルギー系の3冊

太陽光発電などは正確には再生可能エネルギーというのが正しいらしい。
石油や石炭も自然にあったものだから、自然エネルギーだろう? だってさ。
そりゃ、ごもっとも。

グリーン・ニューディール―環境投資は世界経済を救えるか (生活人新書)

この本で教えてもらいました。正確には生成可能エネルギーだと。
それぞれの発電方法に対する発電の原理と
発電方法がいろいろ書いてあって、種類を知るには良い本です。

風力発電機を凧みたいなもので、空中に浮かせて
超上空にあるジェット気流を使って発電する、なんて発想は
あまり紹介されているのはみたことなかったので新鮮だった。



一躍有名人になった小出さんの震災前の本。
震災後に書かれたものもあったんだけど
バイアスがかかってそうな気がしたので
あえて震災前に書かれた本を選んで読んでみました。

原子力が如何に間違ったものであるか延々と書かれています。
ただし、代替手段が提示されているわけではないので
原子力を盲信している人、なんとなく不安だけど確信が持てない人には有効。
すでに不要だと思っている人には勧めない



エネシフジャパンの10回目で講義をしていた教授の本
2011/07/27 第10回エネシフジャパン勉強会

前述の2冊と比べて、めちゃくちゃ難しい。
あとがきを読んだら、著者の博士論文を元に読みやすく改変したものらしい。
そりゃ、難しいわけだよ。まあ、タイトルに「学」とあるぐらいだしね。

一通り読んだだけなので、詳細なチェックはしてないが
とにかく細かいデータが満載なので全部を理解して把握するには飽きない1冊。
巻末には電力会社ごとの電源量もあったりするので現状チェックには便利。

再生可能エネルギーの固定買い取りをすると経済が破綻する
って話がよく出てるけど
ドイツで2006年の段階で再生可能エネルギーの買い取りにかかっている額が
58億1000万ユーロ=約7000億円 ってあったよ。
それで、全体の約17%で3400万kWぐらいの電力が再生可能エネルギーだってさ。
設備容量が3400万kWなので、実働は2割ぐらいの700万kWぐらいかな。

たしか原子力に使われている毎年の補助金なんかの税金が5000億円前後
再処理のための積み立てのため電気料金に上乗せされているのが総額5000億円

なんだ思ったよりも安いし、やっても大丈夫そうじゃん。
核燃料サイクルを含めて原子力を止めれば、普通に転換できそうだね



再生可能エネルギー意外にもエネルギー源はあるけどね。
全く、どこへ行こうにもどこかとぶつかるね

実情を知ると「命に関わる」!? メタンハイドレート開発

ロシアと北方4島で揉めているのもアメリカが
共産圏と日本が喧嘩するように情報を流したから、って話もあるしね。
それに乗っかっていたのが自民党時代、だとさ。
スポンサーサイト

テーマ : 環境・資源・エネルギー
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

カユ

Author:カユ
のんびり更新できれば。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。