スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇陛下のお気持ち表明

さすがにこれは黙っておくわけにはいかないか。
もうプライベートというか仕事の忙しさが減りそうにない一方なので
ネットは放っておくつもりだったが、これは出てこざるを得ない。

もう少し各所から挙がってくる話がまともだったら
放っておくことも可能なのかもしれないが、めちゃくちゃな話が独り歩きしてる。
苦言も含めてブログ投稿。


まずは正式なところで宮内庁から天皇陛下のお言葉を丸ごと引用
改行は適当に入れさせてもらいました。


戦後70年という大きな節目を過ぎ,2年後には,平成30年を迎えます。

私も80を越え,体力の面などから様々な制約を覚えることもあり,
ここ数年,天皇としての自らの歩みを振り返るとともに,
この先の自分の在り方や務めにつき,思いを致すようになりました。

本日は,社会の高齢化が進む中,天皇もまた高齢となった場合,どのような在り方が望ましいか,
天皇という立場上,現行の皇室制度に具体的に触れることは控えながら,
私が個人として,これまでに考えて来たことを話したいと思います。

即位以来,私は国事行為を行うと共に,
日本国憲法下で象徴と位置づけられた天皇の望ましい在り方を,日々模索しつつ過ごして来ました。
伝統の継承者として,これを守り続ける責任に深く思いを致し,
更に日々新たになる日本と世界の中にあって,
日本の皇室が,いかに伝統を現代に生かし,いきいきとして社会に内在し,
人々の期待に応えていくかを考えつつ,今日に至っています。

そのような中,何年か前のことになりますが,
2度の外科手術を受け,加えて高齢による体力の低下を覚えるようになった頃から,
これから先,従来のように重い務めを果たすことが困難になった場合,
どのように身を処していくことが,国にとり,国民にとり,
また,私のあとを歩む皇族にとり良いことであるかにつき,考えるようになりました。
既に80を越え,幸いに健康であるとは申せ,次第に進む身体の衰えを考慮する時,
これまでのように,全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくことが,難しくなるのではないかと案じています。

私が天皇の位についてから,ほぼ28年,
この間私は,我が国における多くの喜びの時,また悲しみの時を,人々と共に過ごして来ました。
私はこれまで天皇の務めとして,何よりもまず国民の安寧と幸せを祈ることを大切に考えて来ましたが,
同時に事にあたっては,時として人々の傍らに立ち,
その声に耳を傾け,思いに寄り添うことも大切なことと考えて来ました。
天皇が象徴であると共に,国民統合の象徴としての役割を果たすためには,
天皇が国民に,天皇という象徴の立場への理解を求めると共に,
天皇もまた,自らのありように深く心し,国民に対する理解を深め,
常に国民と共にある自覚を自らの内に育てる必要を感じて来ました。
こうした意味において,日本の各地,とりわけ遠隔の地や島々への旅も,
私は天皇の象徴的行為として,大切なものと感じて来ました。
皇太子の時代も含め,これまで私が皇后と共に行って来たほぼ全国に及ぶ旅は,
国内のどこにおいても,その地域を愛し,その共同体を地道に支える市井の人々のあることを私に認識させ,
私がこの認識をもって,天皇として大切な,国民を思い,国民のために祈るという務めを,
人々への深い信頼と敬愛をもってなし得たことは,幸せなことでした。

天皇の高齢化に伴う対処の仕方が,
国事行為や,その象徴としての行為を限りなく縮小していくことには,無理があろうと思われます。
また,天皇が未成年であったり,重病などによりその機能を果たし得なくなった場合には,
天皇の行為を代行する摂政を置くことも考えられます。
しかし,この場合も,天皇が十分にその立場に求められる務めを果たせぬまま,
生涯の終わりに至るまで天皇であり続けることに変わりはありません。

天皇が健康を損ない,深刻な状態に立ち至った場合,
これまでにも見られたように,社会が停滞し,国民の暮らしにも様々な影響が及ぶことが懸念されます。
更にこれまでの皇室のしきたりとして,天皇の終焉に当たっては,
重い殯の行事が連日ほぼ2ヶ月にわたって続き,その後喪儀に関連する行事が,1年間続きます。
その様々な行事と,新時代に関わる諸行事が同時に進行することから,
行事に関わる人々,とりわけ残される家族は,非常に厳しい状況下に置かれざるを得ません。
こうした事態を避けることは出来ないものだろうかとの思いが,胸に去来することもあります。

始めにも述べましたように,憲法の下,天皇は国政に関する権能を有しません。
そうした中で,このたび我が国の長い天皇の歴史を改めて振り返りつつ,
これからも皇室がどのような時にも国民と共にあり,相たずさえてこの国の未来を築いていけるよう,
そして象徴天皇の務めが常に途切れることなく,安定的に続いていくことをひとえに念じ,
ここに私の気持ちをお話しいたしました。

国民の理解を得られることを,切に願っています。




お言葉をものすごく簡潔にまとめるとしたら


 国のため国民のため皇室は務めをこなすことが第一であって、これは減らすべきではない。
 しかし、自分にはそれをこなす能力がなくなってきた。
 どうしたらいいか悩んでいる。


こういうことでしょう?
政治発言をできない立場なんだから当然な話し方でしょう。
譲位(生前退位)の意向を示されただなんだ、というのは
個人の勝手な思想を重ねてるただのバカだよ。お言葉をまず聞けよ。

次に殯の行事の重さを考慮されている件について
本人のお気持ちはわかるがこれは国民の立場からは敢然と無視して盛大に行うのが普通、というか伝統。

すこし天皇の歴史について勉強すると仁徳天皇の「民のかまど」の話はすぐに出てくる。
知らない人のために簡単に触れておくと

仁徳天皇は市中から煙が上がっていないことから
民の生活が炊事もろくにできないほど困窮していることを推察し、税を取ることを止めた。
そのため仁徳天皇の生活は随所にボロが見られるようになったが
税がない間に民は生活を立て直した。市中からも煙が見えるようになった。
さらに暫く仁徳天皇は税を取るのをやめておこうとしたが民たちは
「我々の立派な主は、立派なたたずまいがふさわしい」
と民のほうから労務や物品の税を納めた。

という昔のお話し。
天皇陛下の回りを思う御気持ち、立派ですよね?
そんな立派な天皇陛下に対して、国民はどうするのが適切?
これが日本の伝統です。少し勉強すればわかること。


あれこれ著名なブログとかを見て回ったけど、
この2点をきちんと押さえていたのは竹田恒泰氏ぐらいだった。
他に見つからなかった。
この2点は外せないし、変えられないところでしょう。まずはここ。

そのあとで、じゃあどうするか。
それは個々で手前勝手にどうぞ言い合いましょう、と議論に依るところ。
スタート地点をはっきりさせずに話を始めるのはダメだよ。



さて、じゃあどうするか、という話。
大きくは二つ、譲位をするかしないか。

それぞれの問題点や作業を整理すると

・譲位をしない場合
当然高齢化による務めを果たしにくくなること。
これはお言葉の中で触れられているし自明。

摂政を置いたりするぐらいしか公務が滞らないようにする方法はないだろう。


・譲位をした場合
過去の歴史において何かと問題が起こっていること。
有名なのは譲位した天皇=上皇となってから好き勝手にされた歴史。
後鳥羽上皇による乱とか有名。まあ、平成時代の天皇陛下にそういうことは心配無用でしょう。

それと譲位したからってペラペラ政治発言等の縛りを無視するわけにもいかないでしょう。
目先の公務は減るかもしれないが重責はさして変わらないのがそれなりに問題

また譲位をできるようにしようと思った場合に憲法等の国民側(政治側)の負担が大きい。


・共通の問題
ただ、単に摂政を置くと今まで皇室全体で行ってきた務めを果たせる皇族が足りないことから
全体として公務を縮小せざるをえなくなる。これは譲位をした場合でも事態は同じ。
これは陛下が懸念した「皇室の務めを果たすのを第一に考えるべき」と反する。

「象徴天皇の務めが常に途切れることなく,安定的に続いていくこと」をどうやって担保するか。
譲位をするしないに関わらず懸案事項。




というわけで、俺からの解決策。

1:皇族の拡充
皇室の務めが激務なのは承知。ならば事に当たる方々を増やすのが普通。

竹田恒泰氏によると菊栄親睦会である程度目途がついている
本来であれば皇族のはずだった旧皇族の方々に戻ってもらうのがいいでのは?

2:公務の移譲と分散
天皇陛下から皇太子殿下へ、皇太子殿下から秋篠宮殿下へ
秋篠宮殿下から拡充された皇族の方々へ
と公務の移譲と分散を進める

これにより皇太子殿下を実質的摂政に、ないし明示的な摂政で陛下の負担を軽減する。


陛下が懸念されている国のため国民のための皇室の務めを減らすことなく
また今後も安定的に皇室の務めを続けていく道を開くことができるし
国民側というか、政治の側も日本国憲法や皇室典範という
触ると非常に面倒なことになりかねないところに触る必要もなく問題解決できる。


特に譲位を推す派のよりどころになりそうなところを潰しておくと

しかし,この場合も,天皇が十分にその立場に求められる務めを果たせぬまま,
生涯の終わりに至るまで天皇であり続けることに変わりはありません。


この一文をもって「天皇という職務から降りたい」と読めなくはないけど
これは次にかかっていると読むべきなんじゃないかな。

天皇が健康を損ない,深刻な状態に立ち至った場合,
これまでにも見られたように,社会が停滞し,国民の暮らしにも様々な影響が及ぶことが懸念されます。


つまり昭和天皇の時にあったことを思い出して
国民のことを案じて、こういう言い回しになっているだけで
「天皇という職務から降りたい」とは全く考えていない。
とにかく自分のことは無しに「務めの先にいる国民を案じている」と読むのが正解でしょう。


また公務を減らすことには過去にも難色を示された、というが
そりゃ「単純に公務を減らす」という方向にすればそうなるだろう。
なんせ「務めの先にいる国民が第一」なんだから。だから「皇室全体の公務は減らさない」というのが大切。
もちろん、国民側も余計な仕事を増やさないようにするのは当然だけどね。


1:皇族の拡充
2:公務の移譲と分散

この二つで各方面において丸く収まるんじゃないかな

世論調査で80%が譲位派らしいが、これ何も考えてないんだろうな……
スポンサーサイト

読了:古事記のマンガを読み比べ

活字主体の古事記に関しては
現代語古事記で、まずは決まりだと個人的に思っているが
もっと導入の間口を広げるには、やっぱりマンガだよなあ、と思ってる

そこでいくつか買ってみて読み比べてみた

続きを読む

テーマ : 天皇陛下・皇室
ジャンル : 政治・経済

読了:皇統護持派の本

中川八洋氏、というのは保守主義の重鎮らしいが
本を読んでみると「む~」と思わざるを得ない。

続きを読む

テーマ : 天皇陛下・皇室
ジャンル : 政治・経済

仁徳天皇統治に見る君臣のあるべき姿

宝とは田から、が語源だそうだ。
おそらく弥生人にとっては、自らの命を繋ぐ稲の存在は
宝に違いなかったろうね

大和(やまと)は
「再び”まこと”に戻る」
「再び”まこと”の教えに戻る」
「再び”まごころ”に戻る」、ということ。
こんなありがたい国号があるものでしょうか。

(語源情報はどちらもうまやどさんから)

今の日本語は島国であったこともあって
古代語の名残が色濃く残る言語だそうだ。

日本って国は知れば知るほど、いろいろ深いよ


続きを読む

テーマ : 天皇陛下・皇室
ジャンル : 政治・経済

ベンジャミン・フルフォードと皇族関係の話

News, USさんからの情報なわけですが
ベンジャミン・フルフォード氏が皇室関係で
皇室の取り巻き連中を批判しているようで
自分が知っている内容で補足したいかと

ロスチャイルドがフルフォードを操る?暴かれる天皇家の正体、伏見博明の企み-陰謀渦巻く日本

続きを読む

テーマ : 天皇陛下・皇室
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

カユ

Author:カユ
のんびり更新できれば。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。